2008年01月26日

伊予三島YEG記念講演会@08.01.26 その7(最後)

その6」の続き。


是非、いくつか言いましたけれども
日本ってのは、本当の意味で底力というものが大したもんだということを
だけは絶対に憶えておいてください

最後になりましたけれど
僕はこの『日本の底力』という本を書いた
日本で大体政治家の書いたもんなんてね
まー、5,000部とか6,000部しか売れねーもんですよ、普通

義理で買ってくれる奴やらなにやら
自分で買ったり
逆さしたって2万部だ
オレの奴は16万5,000部売れたんですって

「何でそんな売れたんだ?」と
聞いたら
編集長がしばらく考えてから

「今の世の中でこの本だけが未来は明るいと
 やり方によっちゃー明るいということが書いてある」

じゃー、あとの本は先は暗いと書いてあるのかと

「この本だけが明るく書いてあります
 いうんで多分売れたんだと思います」

「じゃー、もっと明るくなるような本を書かせりゃいいじゃないか」
って言ったら

「そんな奴はいません」

おかしーよ、どう考えたって
だって、どこが問題なんだ
オレ是非聞きたいんだと
オレいっつも言うの

「どこが問題なんです?」
と言うと説明できないんですよ

日本で経済企画庁長官のときに
海外の人がいっぱい来るわけ
こっちは言葉を苦にしないから
各省みなオレに押し付けてくるから

それに対して
「日本が景気が悪いと言うが
 どこが景気が悪いのか是非教えてもらいたい」
この質問ぐらい困るものはないから

「いや失業率が・・」
「何パーセントだ?」

当時は5%、今は4%切りましたけれども
「5%だ」
「えっ?!15%か?」
「いやー、5%」
「だたの5%か?オレのところは11%だ」
「オレのところは8、9%だ」

だいたい皆そうですから
「お前のところたった5%で何で大変なんだ」

「いやお前、あそこに青いテントがいっぱいあるから行ってみろ」
行くでしょ
行って帰ってきて何て言うと思います

「いやー、驚いた
 この国ではホームレスが新聞を読んでいる
 新聞を読んでいるホームレスは世界中でこの国した見たことがない」

これで一見したら結構贅沢な生活をしとる
綺麗好きだから日本人は
電気なんか、どっか訳のわからん○○から取ってきてさ
点いとるわけですよ

こういうのを見ていると、とてもじゃないけど
街は綺麗○○○
何が問題なんだと?

いうのが世界中からワンワ・・
説明できないんだって

だけど景気が悪いとみんな言うだろう
悪くないのに

僕はここのところが一番問題で
だから結果としてやるべきことは
給料をさっきみたいなやり方で
給料を上げる
そうすると気分が変わるから

それだけじゃないんだというのを
私は申し上げているんで
給料を上げた方がいい
と申し上げているのはそれで

経団連も何となくそういう話になりつつあるみたいで
結構だと思っていますが

要は気分
これは皆さん方の気分の問題なんだと
いうことを最後に申し上げて

この国は世界の中で
最も信頼されている
最も頼りになる国だ
ということはBBCの世論調査

30カ国
2万・・・
3万7千人ぐらい
にやったアンケート
2万7,800人にやったアンケート調査で出ました

世界で最も信頼
貢献している国は
日本
2年連続日本が一番なんですよ

これが世界における日本の評価ですから
そんな日本が孤立するわけなんかありませんよ

だからどー考えても偏っていると
情報なんかを基にしないで
是非、自分の見る目で
自分が見た感じで
それをもっと大事にされていかれる

私はそういう方が日本のために
よっぽどなるんだと最後に申し上げて
講演を終わらせてもらいます
こういった機会を与えていただきましてありがとうございました


おしまい。
posted by うp主 at 22:45 | 伊予三島YEG記念講演会@08.01.26 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伊予三島YEG記念講演会@08.01.26 その6

その5」の続き。


だから、そういった意味で
是非、日本というものを見た場合に
間違いなく、株価がなんとかかんとか言ったて
少なくとも世界中でサブプライムローンでン十兆円下がっている中で
日本は数千億よ
1兆も行ってませんから

4,000とか5,000とか言ってるものだから
世界で最も健全なマーケットですよ
なんでこれを言わねーんだろうといつも言うんだけど
これが一つ

治安
世界で最もいいよ
間違いなく

加えて今言われているように
貿易収支、黒
金融収支、黒
特許収支、黒
全部黒なんて国、世界中で日本だけです

我々は明らかに、そういった意味では
ものすごい内容のものを作り上げているんだって
これは皆さん一人一人の結果がこういうことを生んどるんだって

何となくGDPがなんとかなんとか・・・って
みんなワンワンワンワン言うけどさ
これだけ不景気と言いながら
500兆GDPずーと維持してだぜ
世界第二の経済大国を維持してるんは
確かだろうが
それもそれだけの不況の中にありながら

したがって、そういったものは十分に
俺たちはこれだけの情況の中でもやれたんだから

今からいくつかのものがきちんと直って
経済政策でいくつか
今やった方がいいですよという税制なりなんなり
財政を優遇して

償却
設備投資のやつの償却は
前倒しに認めてあげます
いいんじゃないですか
今からでもいっぱい認めてあげますよ
今一斉に
企業としてやるなら今だ

やり方はいくつもありますって
そういったものは別に政府の金が掛かるわけじゃない
いや上からして
いいよ税金が入んないだから
だけど、そんなことでどうにもならないんだから

だから例えば
わかりやすく言ったら、どーです皆さん方
国債買ってくれと
国債

1,000枚買ってくれ
1億円買ってくれ、と

買ったら10年
金利はマイナスです

いいですか
1億買ったら9,000万しか10年後返しません
その代わり相続税の対象外にしてあげます

なんとなく意味わかると思うけど、これ
相続税の対象外にします

加えて
その金をどうやって持ってきたのかも追求しません
どこに隠してあったかなんて追求しません

これだけでいくら入るよ
政府、損しないよ
政府損しない

金持ち優遇と言うかも知れないけれども
どのみち金持ちから
堤義明から相続税取りきれなかったんだろう、日本の税務署てのは

日本の税務署のレベルってのは
ものすごく頭のいい込み入ったことになってるから
取れないようになってわけだから

だったら年間、あんた逆さにしたって1兆4、5千億しか相続税が入ってねーんだったら
この際、売りましょうと
その代わり相続税の対象外にしてあげますよ

と言えばそこで
1億が対十比だから1,000万ずつ入ってくんだから
どの道取られんだったら持っている方がいいや

どうしてこいう発想をしないのかねぇ

これすると「お前、金持ち優遇だ」
「じゃ、貧しいのお前が言え」と
こないだ言ったんですけれども

「自分で言やーいいじゃねーかと
 これはオレはアイデアだ」と
「アイデアとしてオレは言ってるだけだ」と
「オレは今そういう立場にないから」
当時外務大臣だから
「オレは大蔵大臣やってんじゃないから、そっちでやれ」
と僕はそう言ったんですけど

そうすりゃー、みんなあっちこっちに隠している金とかさ
ねぇー、隠してそうな顔がいっぱい居るけど
そういった人たちのお金が出てくるわけですよ

何となく死ぬ前にあっちゃこっちゃ、あっちゃこっちゃやるんだったら

あんた、大体相続税なんてのはふざけた税金なんだから
大体あんた自分で税金、所得税を払い
住民税を払ったあとの金ですぜ
死んだら金よこせってのは
ふざけてると思いませんか、こいうの

オーストラリア相続税ゼロですよ
結局なくなりましたよ
アメリカも2年後にゼロにするのかな
みんなゼロにする

相続税ゼロのところに人が行くんですよ
株式だってあんた投資して
また分税課税で10%だってなんだかんだ言っても
あれも500万まではOKだなんたらかんた
キャピタルゲイン課税はなんとかまではOKだって

あーいうのは役人の
本当に貧しーい役人の発想だよね

今アジアなんて100億単位で日本買ってくんだから
その時に500万円、500億かと聞いちゃったんだけど
500万円までだったらなんとかしますよ
そういう発想だと外国人が投資しないんですよ

だから一斉に、今年の3月で終わりだって言うから
株を引き上げてんですよ
だから株が下がるんだぜ
止めたから
今また困るんですよ

どーしてそういう発想が出ないんかと
インターナショナルにものを考えて
インターナショナルに世界は投資してんだという
発想が全然ないから
あーいうことになってんだと
僕にはそう思えるね


その7」に続く。
posted by うp主 at 22:44 | 伊予三島YEG記念講演会@08.01.26 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伊予三島YEG記念講演会@08.01.26 その5

その4」の続き。


また、日本というところの治安等々はやたらいいから
観光に力を入れれば人はいくらでもくる
観光に来るとき一番問題になるのは治安ですから

その治安が世界で一番先進国の中でいいという
間違いなく人を
呼ぶものてのは、一番は観光ですよ

一番肝心
一番金落とすんだから
その人たちを呼ぶための努力を
一体どれだけのことをやるか
日本中、笛や太鼓叩いて700万人ですよ、去年の
観光は

トルコ
トルコのアンタルヤなんて誰も知らないと思うけど
これ人口100万
1年間の観光客が800万ですよ

フランスで7,000万
スペインで5,500万
人口日本の半分以下よ
そういったところでこれだけ呼べる

何があるんです
こっちにはこっちで○○いくらでもあるよ
治安は圧倒的にいいし
どう考えたっていいですよ
呼べるところありますよ
間違いなく

世界中の人が秋葉原にきて
渋谷のセンター街に若い娘が行って
高齢者ならどう考えたって巣鴨のとげぬき地蔵
こういったところに行きゃー、老人の欲しい物が売ってんだから
いくらでも欲しい物は売れてんだから

どう考えたって、そういうものに商売をしている人たちは
みんな儲かっているって、はっきり言って
渋谷の若い子の商品をいきなり巣鴨に並べても一つも売れねーよ

巣鴨のとげぬき地蔵、本日のお買い得商品
入れ歯用ポリデント
なーんて言って
それ持って渋谷のセンター街に持っていても多分1個も売れないと思うね
そういうもんですよ

真っ赤な毛糸のカシミアのパンツ
誰が穿くよこんなもの
売れてんだ、これが
原宿で最も売れてる商品ですよ
真っ赤な
カシミアの
パンツよ
オレ初めて見たとき
「なんだこの曳き屋みたいな色は」と思ったけど
「先生、今これが一番売れてる商品です」
これ高齢者がみんな買って帰る
高かいんだぜ、これ
それが結構売れる

「じゃー、ここで一番売れた老人用の商品ってなんだ?」って
購買部の人に聞いた、マツモトキヨシの
75歳のおばぁさん
70歳のおじぃさん
その人に聞いた
その人たちが購買部長だから

聞いたら
「ん〜」ってしばらく考えて
「モンスラじゃろー」と
モンスラ
「なんだモンスラって?」て聞いたら
知ってる人?
ほんと知らない?

モンペとスラックスのあいの子なんですって
それが一番売れんだって
高いんだこれ、6,000円とか7,000円とかするんだ

最初からおばぁさん用に
股下が今の若い人と比べておばぁさんは股下が短いから
初めから股下が切ってある
6センチとか4センチとか短く切るんだって

縦横柔軟にどんどん伸びる
体形がこういう体形が居ませんからほとんど
大体「A」型みたいな体形だから
ボウリングのあれみたいになってる
この体形に合わせて
最初から短く作ってある
これがやたら伸びる

これをぶわーと入ってきて、いくつもいくつも買うの
それをマツモトキヨシの黄色い袋に入れて
これがひとつのまぁ、これが東京土産

是非、東京に行ったらこういうところを歩かないと
わかんない

それをもうちょっと品よく作ったのが京王デパート新宿店
ここは65歳以下のお客はいらない
捨てた
65歳以上のお客

老人用エステ
入れ歯でも噛めるステーキ
こういったものがむちゃくちゃ売れんだから

日本のデパートで唯一前年度比増収増益のデパートは日本中ここだけ
これは通産省の調べですけれども

これが現実ですよ
金持ってんだもん

金持ってる

毎日来る
毎日デパートに行く
金が
毎日来させるものがいるんだ
何?
それは売り子がお客の名前を呼ぶことなんですよ

「井川さん、こないだの靴下どうでした?」
言うんだ

「三島さん、佐藤さん、こないだのネクタイどーです?」
オレは最初デパートで売り子が客の名前を呼ぶのを見て、よほど顔だなとと思ったね

ところがここは、それが客の名前を覚えた奴から給料が上がる
これは巣鴨のとげぬき地蔵で
商店街のおばさんがお客に声をかけるのを見て
京王デパート新宿店の支店長が思いついて

全部これ
みんなクレジットカードで払っているから
クレジットカードで名前を覚えろと
名前を覚えている奴の多い奴からもらえる

全部売り場が
プラダ、エルメス、グッチ
全然そんなことしない

ネクタイ売り場
靴売り場
そこに行けば全部あります

絶対店内改装はしない
なぜならお客が
迷っちゃうから
やらない

「大売出し」、「靴売り場」
天井からいっぱい下がっているでしょ、デパートは

1枚もそんなものがない
なぜなら高齢者はみんな下向いてるから
上からたらしているものが一つもない

そういったようなことを努力して
このデパートは売り上げ伸び率日本一なんですよ
ここだけですから

そういったようなもんていうのは
実はいっぱいあるんだって

で、こういうところは絶対にしゃべらないから
儲かっている奴はしゃべらないんですよ
儲かってねー奴らが永田町に来るんだから
自分で儲けてる奴は永田町に来ないんだって
そういうようなところがちゃんとわかってないと
なんとなーく判断を間違えるんだと
僕はそう思っている


その6」に続く。
posted by うp主 at 22:43 | 伊予三島YEG記念講演会@08.01.26 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。