2008年01月26日

伊予三島YEG記念講演会@08.01.26 その2

その1」の続き。


幸いにして
この3年前の4、5期ぐらいから
企業は大努力をして債務を消して
債務を消して
今やっと債務超過を脱して
設備投資を開始するようになった
だから景気は回復してきたんですよ
間違いなく景気は回復してきた

しかしまだ企業は
銀行から金を借りてまで設備投資をしようという気にはなっていない
懲りてるから
懲りてるから
だから銀行の貸し出しは増えていない
設備投資は増えているけど銀行の貸し出しは増えてないはずだよ

そういう状態になっているのが今の状況なんですよ
だから完全な景気回復をしていない
まだそこまで来てないんだって

そこに今、ご存知のようにドーンと
サブプライムローンという名前の
住宅に対する結構怪しげなファンド
怪しげな投資
というものを含んだファンドというものが
アメリカでワァーと始まって

これが結果としてものすごくアメリカの経済の落ち込みを
バブル経済はじけた後のアメリカ経済を救った
間違いなくこれ、いい決断でしたよ

ところが、どんどんどんどん膨らみすぎて
えらい勢いで膨らんだ
それが弾けた

バブルっては膨らめば必ず弾けんだから
弾けた

いきなり日本にドーンと影響が来るだろうと言うけれども
日本の銀行でこのサブプライムというものを入れて
ファンドを組んでるものなんてありませんから
日本に対する影響なんて数千億円ですよ
世界中、何十兆ってやってんだよ

だから日本はそん中から言ったら
日本の市場、マーケットってのは
世界の中でもっとも健全なマーケットだと
堂々となぜ言わないのかね
オレには理解ができない、こういうの

日本ってのは、この種のいい話というのは絶対に言わない
これ政府としてねぇ

今オレ政府にいないからあれだけど

これ政府は言わないきゃん
こんないい話がどこにあるんだと
ということを言わないかん

しかし例によって一番最初に言った「気分」ですよ
「気」の部分が具合が悪くなっているから
「えっ?具合悪いんじゃない?!」って

こういう具合に言う気分を払拭するために
「日本は何をやるべきか」ということをやらにゃいかんわけ

そうすると、また経済のわかんないお役人とか
経済のわからない政治学者とか
経済の全然わかっていない経済学者とか
ゆうのが出てくるわけですよ

この人たちが何て言うかというと
「いや、金融政策が・・」ナントカ
「日銀が・・」どうとか
「だから日銀が・・・」とか言うけれども
もう日本銀行というところは金利をゼロにしても金借りない
「金融政策をもっと緩めろ」って、いくら緩めたって
借りる奴がいなければ緩めたって意味なぃーんだから

必要なものを提供しなくっちゃいけないのであって
必要じゃないものいくら提供したってダメなんですよ
「ホモに女すすめてもダメ」なんていつも言うもんだから
もうちょっと品のいい喩えはないのかとよく言われるですけれど

私は、人がほしがるものを提供すべきだって
今は提供すべきは金利でもなければ
金融の絶対量でもないんだから
金融政策って今効かないんですよ
ここら10年間、ゆうに実験してきたろーがって

って言うんですが、また日本銀行が・・・
全然学習効果のない人が多すぎるんだと
僕は思うね

「いや先生、そんなこと言ったて、じゃぁ
財政って言ったてこっちは借金だらけでどうにもならない話で
どうにもなんねー」と
「公共投資って言ったて・・」とか言うから

これまた全然、知恵がないんであって
例えば、いくつか言いますよ

例えば今、政府として金が掛かるわけじゃないけど
今、住宅建築というものに関して、ここに建設業の人もいるだろうけど
住宅建築に関して
姉歯の騒ぎから
住宅建築に関する基準をえらい勢いでやかましくしたんですよ
オレに言わしたら建築基準をやかましくするというのは別に悪いことじゃない

そりゃー、俺たちセメント屋から見たら
セメントの量
2割ぐらい抜いたらそりゃー
俺たちでも「ん?!」って、ちょっと首かしげるぐらい

姉歯の奴は8割抜いたんだからね
8割抜いたら俺たちみたいな、ちょっとセメント屋の技術屋じゃないけどオレも
見て「おかしいんじゃねーかなー」と言う
わかるよ

んなもん検査をきちんとすりゃーいいだけのことなんであって
それを頭の悪い、羹に懲りて膾を吹くみたいに
いきなり建築の「基準」まで変えたわけよ
「基準」を変える

そうするとどういうことになるかというと
構造計算という難しい計算方法があるんですが
その構造計算の元々を変えたから
これを計算するためにはちゃんと
数字を入れたらパッと出るソフトがあるだろ
そのソフトが出来てねーんだから今

だから皆、手書きでやってる
手書きでやると恐ろしく手間がかかる
結果として今、どうです、中央官庁じゃもちろんのこと
地方でそれを認可をする役所なんて半分お手上げだよ
計算ができねーから
そうなっていると思うよ

だから「検査を厳しくします」
今までのでもちゃんとやってたやつで壊れた物なんてないんだから
そういう「いい加減な奴だけないようにします」ってだけで十分だったのに
野党に言われ、マスコミに言われて
「基準」、元々を変えたから話が込み入ったんですよ

こんなの「計算をきちんと、ソフトを変えてきちんとするまでの間、この施行を止めます」って
「しばらくの間、それ止めます」と
「その代わり検査をきちんとやってください」って言やぁ
みんな認可が下りるんだから

今どうです、去年1年間で
鉄鋼がこの10年間で初めてマイナス300万トンの
鉄が減っているはずですよ、生産量が
マイナス300万トン

鉄筋、いわゆる丸棒と言うんですが、鉄筋とかね
あぁいった建築に関する鉄骨がえらい勢いで減ったんですよ
鉄筋やら何やらが
結果として300万トンの減

日本全体でGDPを
そりゃー建築資材に関するものだったら何と言ったて
土地が売れた、住宅は葺き卸した、発注もした
だけど出来ねぇ

これのおかげで
これの波及効果というのはものすごく大きくて
GDPをマイナス0.3%引っ張った
「ほとんど犯罪じゃねーかと、こんなものは
経済的には犯罪だろうよ、こんなもの
これなんでしっかり取り締まらないの
おかしーじゃねーかこんなものは」
という声がなんで出ねーんだと言ったら

昨日、民主党の人たちが質問したんで
基本的にあーいったことは一つの例
これやるだけでGDPは変わりますよ


その3」に続く。
posted by うp主 at 22:40 | 伊予三島YEG記念講演会@08.01.26 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。