2008年01月26日

伊予三島YEG記念講演会@08.01.26 その7(最後)

その6」の続き。


是非、いくつか言いましたけれども
日本ってのは、本当の意味で底力というものが大したもんだということを
だけは絶対に憶えておいてください

最後になりましたけれど
僕はこの『日本の底力』という本を書いた
日本で大体政治家の書いたもんなんてね
まー、5,000部とか6,000部しか売れねーもんですよ、普通

義理で買ってくれる奴やらなにやら
自分で買ったり
逆さしたって2万部だ
オレの奴は16万5,000部売れたんですって

「何でそんな売れたんだ?」と
聞いたら
編集長がしばらく考えてから

「今の世の中でこの本だけが未来は明るいと
 やり方によっちゃー明るいということが書いてある」

じゃー、あとの本は先は暗いと書いてあるのかと

「この本だけが明るく書いてあります
 いうんで多分売れたんだと思います」

「じゃー、もっと明るくなるような本を書かせりゃいいじゃないか」
って言ったら

「そんな奴はいません」

おかしーよ、どう考えたって
だって、どこが問題なんだ
オレ是非聞きたいんだと
オレいっつも言うの

「どこが問題なんです?」
と言うと説明できないんですよ

日本で経済企画庁長官のときに
海外の人がいっぱい来るわけ
こっちは言葉を苦にしないから
各省みなオレに押し付けてくるから

それに対して
「日本が景気が悪いと言うが
 どこが景気が悪いのか是非教えてもらいたい」
この質問ぐらい困るものはないから

「いや失業率が・・」
「何パーセントだ?」

当時は5%、今は4%切りましたけれども
「5%だ」
「えっ?!15%か?」
「いやー、5%」
「だたの5%か?オレのところは11%だ」
「オレのところは8、9%だ」

だいたい皆そうですから
「お前のところたった5%で何で大変なんだ」

「いやお前、あそこに青いテントがいっぱいあるから行ってみろ」
行くでしょ
行って帰ってきて何て言うと思います

「いやー、驚いた
 この国ではホームレスが新聞を読んでいる
 新聞を読んでいるホームレスは世界中でこの国した見たことがない」

これで一見したら結構贅沢な生活をしとる
綺麗好きだから日本人は
電気なんか、どっか訳のわからん○○から取ってきてさ
点いとるわけですよ

こういうのを見ていると、とてもじゃないけど
街は綺麗○○○
何が問題なんだと?

いうのが世界中からワンワ・・
説明できないんだって

だけど景気が悪いとみんな言うだろう
悪くないのに

僕はここのところが一番問題で
だから結果としてやるべきことは
給料をさっきみたいなやり方で
給料を上げる
そうすると気分が変わるから

それだけじゃないんだというのを
私は申し上げているんで
給料を上げた方がいい
と申し上げているのはそれで

経団連も何となくそういう話になりつつあるみたいで
結構だと思っていますが

要は気分
これは皆さん方の気分の問題なんだと
いうことを最後に申し上げて

この国は世界の中で
最も信頼されている
最も頼りになる国だ
ということはBBCの世論調査

30カ国
2万・・・
3万7千人ぐらい
にやったアンケート
2万7,800人にやったアンケート調査で出ました

世界で最も信頼
貢献している国は
日本
2年連続日本が一番なんですよ

これが世界における日本の評価ですから
そんな日本が孤立するわけなんかありませんよ

だからどー考えても偏っていると
情報なんかを基にしないで
是非、自分の見る目で
自分が見た感じで
それをもっと大事にされていかれる

私はそういう方が日本のために
よっぽどなるんだと最後に申し上げて
講演を終わらせてもらいます
こういった機会を与えていただきましてありがとうございました


おしまい。
posted by うp主 at 22:45 | 伊予三島YEG記念講演会@08.01.26 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。